パンくずリスト

リーダーに相応しいEQとは?評価に役立つ4つのポイント

リーダーに相応しいEQとは?評価に役立つ4つのポイント

 

優れたリーダーの条件として挙げられるのが、高い感情知性(EQ)です。最も重要な条件ではないかもしれませんが、リーダーに必要な資質であることは間違いありません。リーダーシップとEQの関係は、過去10年間にわたりさまざまな方面から研究が行われてきましたが、その結果、自分自身の感情に敏感であり、かつ他者の感情を上手く活かして成果を上げることが出来るリーダーがいる組織は、社員の定着率も高く、人間関係も上向きな傾向があることが分かりました。

皆さんもきっと優れたリーダーを目指して努力なさっていることでしょう。今回のブログでは、自分がリーダーとして相応しい感情知性を備えているかを判断するための評価についてご紹介します。以下の項目を参考に、自分のEQレベルをチェックしてみましょう。

1. 負の感情にすぐに気付くことが出来ますか?

他者に怒りやイライラなどの負の感情が発生したとき、すぐにこれに気付き、こうした気持ちが拡大する前に解消してあげることが出来ますか?例えば、ストレスを抱えた社員がいるとします。その社員は、うっぷんを晴らすように周囲に当たり散らし始めました。EQの高いリーダーならば自分の部下のことを良く理解しているので、このようなケースでもその社員が不機嫌になった理由を推測することが出来ます。そして、その社員に共感するだけでなく、そうしたネガティブな感情が、その社員の心身の健康や他の同僚の士気、生産性に影響しないよう配慮することが出来るのです。

2. ポジティブな感情を上手く利用することが出来ますか?

チーム内にポジティブな雰囲気があれば、チームの生産性は向上します。そして、生産性の向上は結果に直結します。リーダーはこれを念頭に置いて、チーム内にポジティブな感情を育んでいく必要があります。優れたEQを持つリーダーは、チームメンバーそれぞれのことを理解し、前向きに仕事に取り組んでもらえるよう刺激やモチベーション、目的意識などを与えています。あるメンバーは重要なプロジェクトに任命されることで士気が上がるのかもしれません。一方、他のメンバーには明確な締め切りを与えた方がやる気を出すのかもしれません。人間の個性や考え方は、それぞれ異なります。どのようにすればメンバーを動かすことが出来るのか、じっくりと考えてみましょう。

少し前までは、トップダウンなマネジメントスタイルが一般的でしたが、この方法はしばしば孤立する社員を生み出すこともありました。現在はこれと対照的に、個人の感情に寄り添いながら指導していくことが必要でしょう。

3. 他者の話を傾聴していますか?

この他、高いEQを持つリーダーの特徴として挙げられるのが、傾聴力です。リーダーが部下の話に耳を傾け、自分の話が受け入れられていることを部下が理解している組織は、社員の定着率も高く、全員でビジネスの目的を共有し大切にする雰囲気が生まれています。

あなたの部下は、自分のアイディアや問題点、意見などを積極的に述べていますか?あなたはどのようにミーティングを進行していますか?ミーティングでは、多様な意見が受け入れられる雰囲気が醸成されていますか?もしそうならば、あなたはきっと普段から積極的に他人の意見に耳を傾けるタイプのリーダーなのでしょう。周囲からも、親しみやすく部下にも真摯な関心を寄せていると認識されているに違いありません。

反対に、もし部下があなたの言葉に一切異論を唱えず、なかなか自分の意見を出して来ない場合には、自分がこれまでどのように他人の話を聴いてきたのかを見直してみましょう。そして、ミーティングや個人面談などでは、積極的に部下の意見を求めて下さい。意見が出されたら、これに賛否を示したり、意見を述べたり、部下の言葉をもう一度繰り返したりメモを取ったりして下さい。自分がその意見についてきちんと考えていることを示すことが大切です。これ以外にも傾聴していることを伝える方法は沢山ありますが、最も大切なのは、自分の意見が大切にされていると感じれば、部下は最高のモチベーションを発揮することが出来ると理解しておくことです。

4. 自分の感情が周囲に与える影響を理解していますか?

管理職として、あなたは大きなプレッシャーを背負っていることでしょう。ストレスや不安などの後ろ向きな感情は、どんなに優れたリーダーにも起こり得るものです。しかし、優れたEQを持つリーダーは、こんなときこそ冷静に自分を見つめ直します。ネガティブな感情は、抑うつ的な感情や攻撃性を生み出したり、周囲への八つ当たりなど負の行動に自分を駆り立てることもあります。まずは、このことを認めましょう。次に軽く体を動かしてストレスを緩和したり、休憩を取ったりして下さい。友人や知り合いなど、自分の話を聴いてくれる人に相談しても良いでしょう。自分のコンディションを最上の状態に維持することで、部下に対して適切な共感を持って支援し、モチベートすることが出来るよう備えておくのもリーダーの務めなのです。

チームを効果的に動かすことが出来るリーダーを目指すのであれば、部下の話に耳を傾け、部下のことを理解出来なければなりません。部下の負の感情に気付いたらこれをコントロールし、ポジティブな感情を引き出してモチベーションを引き上げましょう。しかしこうした取り組みも、あなた自身が負の感情に囚われてしまうと全く効果をなさなくなります。ですから、他人の感情と同様に自分自身の感情も大切にして下さい。こうした姿勢があなた自身のためだけでなく、あなたを尊敬している部下のためにもなるのです。

 

 

ヘイズ・ジャパン、マネージングディレクター

グラント・トレンズ

グラントは、ヘイズ・ジャパンのマネージング・ディレクターである。ヘイズに入社して13年、2つの国をまたいでキャリアを積んできた。2006年にロンドンでコンサルタントとして入社し、銀行・金融サービス業界で経理・財務のプロフェッショナルを採用した後、2010年にシンガポールに移りました。現在は、ヘイズ・ジャパンのオペレーションと専門コンサルタントのチームを担当している。