パンくずリスト

日本のインサイドストーリー

日本のインサイドストーリー

ヘイズ・ジャパンから新たに「日本のインサイドストーリー」がスタートします。毎月、特定の業界や職種を取り上げ、国内市場の動向や直面する課題、新たな可能性についてヘイズならではの有益な洞察を加えてレポートし、実情を明らかにしていきます。 

The inside story in Japan 1

IT派遣(2020年)

新型コロナウィルスの蔓延でソーシャルディスタンスが普及し、多くの日本企業が短期間でテレワークへのシフトを余儀なくされました。この趨勢を受け日本は今後、デジタル化に向けて本格的に舵を切ることになるでしょう。

詳細を読む

デジタル・テクノロジー(2020年)

新型コロナウィルスの蔓延でソーシャルディスタンスが普及し、多くの日本企業が短期間でテレワークへのシフトを余儀なくされました。この趨勢を受け日本は今後、デジタル化に向けて本格的に舵を切ることになるでしょう。

詳細を読む

エンタープライズ・テクノロジー(2020年)

2019年、Software-as-a-Service(SaaS)業界は、ソフトウェアをより手軽でアクセスしやすいものにすると同時に、データとリアルタイム通信を通じた効果的な手段としてクラウドベースのソリューションを提供することで、多大な価値を企業にもたらしました。

詳細を読む

The Inside Story in Japan 2

RPO採用アウトソーシング(2019年)

現在の日本の労働市場は、世界の中でも最も厳しい市場の1つであると言われています。2040年には日本の世帯主の4分の1が75歳以上の高齢者になると推定され、急速な高齢化が国内の労働力に悪影響を及ぼしています

詳細を読む

自動車産業(2019年)

日本の自動車産業が世界屈指の技術力を有していることは、長期にわたり周知の事実です。

詳細を読む

HR(2019年)

働き方改革関連法への対応でシニアレベルの人事担当者のニーズが増加し、日本の労働市場はかつてないほど複雑化しており、近年、多くの課題に直面しています。

詳細を読む

The Inside Story in Japan 3

ライフサイエンス(2019年)

日本のライフサイエンス業界は、政府主導の取り組みの強化や、大手企業、スタートアップ企業の事業拡大など明るい材料が多く、引き続き成長が見込まれます。

詳細を読む

金融テクノロジー(2019年)

2018年は日本の経済成長を楽観視するだけの理由がありました。前年の強力な数字に続いて、2018年の第2四半期は、GDPが事前に予想されていた2.6%を上回って3%上昇し、この2年以上で最大の伸びとなりました。

詳細を読む

IT派遣(2019年)

日本におけるハイスキル人材の不足は危機的な状況にあります。

詳細を読む

The Inside Story in Japan 4

デジタル・テクノロジー(2019年)

米Forbes誌は最新号で、今や “デジタル司令官”の重要性は軍の司令官並みに高まっているのではないか、と問いかけています。

詳細を読む

セールス(2019年)

日本のセールス部門はこれまで保守的な部門でした。しかし、現在、多くの劇的な変化が目の前で起きている中、事業を展開している企業と求職者の双方が、その変化に順応せざるを得ないと把握することが重要になっています。

詳細を読む