The Inside Story of Technology in Japan


テクノロジー業界の復活と活発化

2021年後半、日本のテクノロジー業界では、昨年の一時的な減速にもかかわらず、クラウド・インフラ、ビッグデータ、サイバー/情報セキュリティなどのサブセクターの急速な成長に後押しされ、採用活動が急速に活発化しています。

その結果、これらのサブセクターの職務に対する需要はかつてないほど高まっており、伝統的にこれらのスキルを持つ人材が不足していた市場では、採用が困難になっています。移動手段の制限、言語の要件、そして仕事の安定性を求めて転職を躊躇する人材の存在が、供給不足の原因となっています。
 
日本における優秀な技術者の需要と供給を考慮すると、深い技術的専門知識と、それに関連するスキルや資格を証明できれば、市場への再参入ができるはずです。
 
 

弊社レポートで求められているスキルを確認、もしくはテクノロジー関連の職務をご覧ください。

貴社にて人材不足に直面している場合、採用基準を少し柔軟にして、候補者の経験を向上させるために採用プロセスを最適化する価値があるかもしれません。テクノロジー業界のプロフェッショナルにとって、給与以外に何が重要なのかを理解することは、企業が人材の獲得と維持に成功するための人材戦略を策定する上で重要です。

候補者の期待値や人材戦略については、「インサイド・ストーリー日本のテクノロジー業界の現状」をお読みください。

主なハイライト:

  • テクノロジー人材の需要が高まっている成長中のサブセクター
  • 需要のある役割やスキルを含む、テクノロジー分野のトップレベルの採用トレンド
  • テクノロジー分野の人材を惹きつけ、維持するためのヒント
採用活動のサポートが必要ですか?お気軽にご連絡ください。 
 

レポートをダウンロードする

以下に必要事項をご記入下さい。本レポートが自動的にダウンロードされます。