パンくずリスト

The DNA of the Future Workplace

レポートをダウンロード

新型コロナウイルスが世界に与えた影響は、衝撃的で突発的なものでした。
アジアでは、この危機が変化を促進するきっかけになりました。
 
このような変革は、おそらく職場において最も顕著に見られます。職場では、フレキシビリティ、テクノロジー、従業員の幸福などの分野が以前に増して重視されるようになり、いわゆる「新しい働き方の時代」が到来したと言えます。

しかし、各アジア市場が回復するにつれて、それぞれの地域の職場間における違いが鮮明になってきました。デジタル化に取り組む場所、柔軟性に対する許容度、困難な状況においても最善を尽くすよう従業員を鼓舞することへの理解などに違いが見られます。
 
本レポートでは、現在の状況下でアジアの従業員の世界観と新しい働き方の時代に対する期待がどのように形作られているかを掘り下げました。

この目的のために、将来の職場を形成すると思われる4つの中心的要素について2つのアンケート調査を実施しました。

第1回目の調査は2020年1月に実施され、第2回目は2020年9月に実施されました。
 
本レポートに含まれるデータ:
 
中国、香港、日本、マレーシア、シンガポールの9,000人以上の方による、将来の職場を形成すると思われる中核的な要素であるフレキシビリティ、テクノロジー、スキルアップ、働きがいについての考察
 
国別の概要とより良い職場にするための提言
 
未来学者であり、画期的なヒューマンアナリティクスおよびチェンジマネジメント企業HATCH Analyticsの創設者であるモニカ・パーカー氏の専門家としての知見

2つの調査結果を比較することで、新型コロナウイルスが労働意識にどのような変化をもたらしたかを明確に理解するとともに、組織が現在の、そして今後起こるであろう困難な状況の中で優秀な人材とはどのようなものかを理解し、そのような人材を惹きつけ、維持しようとする際の指標となることを目的としています。

The DNA of future workplace - download now

コピーをダウンロードする

以下の情報を入力してください。ダウンロードが自動的に開始されます。

私は、利用規約を読了したことを認め、また当該条件を受諾いたします。また、当該フォームに必要事項を記載することにより、プライバシーポリシーを読了しこれを理解したことに同意いたします