IT業界の営業職の平均年収は?年収アップの方法を複数紹介

IT業界の営業職の平均年収は?年収アップの方法を複数紹介

 
IT業界は、他の業界に比べて専門技術を必要とする職種が多く、システムエンジニアやプログラマーなど将来性もあるため高い年収が見込めます。ただ、IT営業として現職の年収に不満を感じている人もいるでしょう。必要なスキルや知識を身に付け、転職先を適切に選ぶことでIT営業でも年収1,000万円以上を目指せます。
 
当記事では、より高年収の職場に転職したい方向けに、IT営業の年収や給与事情について解説します。IT以外に営業職で高年収が期待できる業界や、転職時の年収アップの方法などもお伝えするため、今の年収は適正か知りたい方や、IT営業への転職を考えている方はぜひお読みください。
 

IT営業の平均年収は472万円


マイナビ転職のデータによると、IT営業の平均年収は472万円です。また、転職エージェントindeedは、日本のIT営業の平均年収は約421万円と発表しています。
 
年代別に見ると、20代のIT営業が410万円であるのに対し、30代では585万円と年収に175万円もの差があります。IT業界の中でも特に年代別の差が大きいとされるIT営業は、経験や実績を重ねることで年収の大幅アップが見込める職種といえます。
 
なお、年収の男女差は6〜15万円と少なく、明確な差が付く業種も珍しくないIT業界では、男女関係なくキャリアアップを狙える職種のひとつといえるでしょう。
 

1-1 IT系の他職種との年収差は?


IT営業は、IT業界における他の職種よりも年収はやや高めの水準とされています。国による令和2年の調査データでは、IT営業職の年収は全国平均で約585万円です。IT業界の他職種の年収例では、システムエンジニアが約530万円、プログラマーが約369万円であり、比較すると営業職の方が高額であることがわかります。
 
ハローワーク求人統計データを見ると、IT営業職の求人賃金は全国平均で月28万円です。先述した国のデータ内の時給換算された賃金から、システムコンサルタント・設計者の月給平均額は約27万円、ソフトウェア作成者は約21万円と算出できます。
 
経験値や条件などによって実際の年収額は異なりますが、IT業界においてIT営業は年収の高い職種と言えます。
 

IT営業の仕事内容

 
 

IT営業の仕事は、顧客の意向や課題を確認し、解決策として情報システムやサービスを提案することです。具体的に扱う製品やサービスは企業によってさまざまですが、主に下記のようなものを扱います。
 
  • 情報システム開発・導入
  • ソフトウェア導入
  • Webマーケティング
  • Webサイトやコンテンツ制作
 
顧客先を訪問して製品の提案やコンサルティングを行う営業や、メディアを利用したセールスなど、形態はさまざまです。顧客の新規開拓から、商談、製品の納品、アフターフォローまで一貫して担当する場合もあります。


2-1 IT営業の特徴


IT営業は、顧客だけでなく、社内の幅広い関係者とやり取りする機会が多い傾向があります。具体的な業務内容や担当範囲に違いはあれど、多くのプロジェクトでシステムエンジニア、プログラマー、デザイナーなど社内の技術関係者とやり取りが発生します。顧客の要望と社内関係者側の意見をどう合わせていくかが、IT営業の力が試される場面です。
 
製品やサービスを提案、提供するに当たり、各担当者と的確に意思疎通を図れるコミュニケーション力やマネジメント能力が必要です。規模の大きなプロジェクトになるほど、関わる人数や工程が増え、全体の管理が大変になります。長期化することも少なくありませんが、顧客に満足してもらえたときの達成感は大きいでしょう。


IT以外で稼げる営業職とは?他業種と平均年収を比較

 

IT営業は、高年収の職種とされますが、他の業界でも年収の高い営業職は少なくありません。ここでは、IT以外で稼げると言われる他の業種とIT営業との比較について解説します。
 
一般的に高年収とされる金融・広告・不動産・医療の4つの業界について、各営業職の平均年収やIT営業との年収差を見てみましょう。また、簡単な仕事内容についても紹介しますので、営業職の情報として参考にしてください。


3-1 金融


金融業界の営業は、取引先によって「法人営業」と「個人営業」の2種類に分けられます。
 
法人営業(ホールセール)は、企業や団体などの法人に対して、証券会社による株式や社債など資金調達を提案する仕事です。個人営業(リテール)では、個人の顧客に対して定期預金や投資信託、保険などの金融商品、資産運用といった金融商品を提案します。
 
所属する企業によって金融商品は異なり、銀行であれば住宅やローン、預金など、保険会社なら生命保険や損害保険、証券会社なら債券や株式などを扱います。
 
金融営業の中でも、投資銀行業務の平均年収は903万円と高額です。次いで、運用部門のファンドマネージャーやディーラーは744万円、個人向けリース営業は525万円となっています。法人営業は個人営業に比べて、より専門的な知識や提案力が求められる場面が多く、平均年収も高い傾向があります。また、同じ銀行でも地方銀行よりメガバンクや政府系金融機関の方が高年収です。


3-2 広告


広告業界の営業というと、広告代理店における営業業務が主流です。主に2種類があり、広告主との窓口を果たすアカウントエグゼクティブと、最適なメディア戦略を提案するメディアプランナーに分かれます。
アカウントエグゼクティブは、広告の提案をはじめ、制作スケジュールの調整や進行管理などを行う柔軟な顧客対応が必要です。一方、メディアプランナーは、メディア関連の幅広い知識やマーケティング力、企画力が求められます。
 
広告営業の平均年収は約451万円で、IT営業よりも低めの水準です。ただし、広告営業の25~29歳の平均年収405万円に比較すると35~39歳の平均年収は544万円に上がっており、キャリアに伴ってIT営業並にアップする可能性もあります。


3-3 不動産

 
不動産営業は、一戸建て住宅や分譲マンションの販売、賃貸物件の仲介などを担当する業種です。扱う物件の種類や、販売・賃貸、居住用かオフィスなど商業用か、など条件によって業務内容や働き方が異なるため、待遇にも差が出ます。
 
同じ不動産営業でも、自ら顧客にアプローチする提案営業なのか、来店した人に対して案内や紹介を行うのか、などさまざまです。不動産市場は規模が大きく、流行などの影響は多少あっても、いつの時代でも需要が存在するため、安定性は高い業界といえます。
 
不動産業界の平均年収は約431万円です。ただ、歩合の成果報酬制を採用する企業も多く、個人の実績によっては、年収1000万を超えるケースも多々あります。


3-4 医療・医薬品(MR)


医療業界には、医薬品を扱うMRや医療機器営業など複数の営業職があり、それぞれ給与などの待遇が異なります。MR(医薬情報担当者)は病院のドクターや薬剤師に対して、医薬品の有効性や品質に関する情報を提供します。
 
医療機器営業は、医療機器を扱う医師や看護師のサポートが主な業務です。病院など医療機関へ訪問し、操作方法の説明や立ち会いなどを行います。場合によっては病院の予算などについてのコンサルティングを行うなど、扱う製品やニーズにより業務範囲は変わります。
 
医薬品業界における営業職全体の平均年収は489万円で、IT営業と比べるとやや高めです。なお、dodaの平均年収ランキングでは MR営業系の年収は713万円で、第3位に入っています。IT技術系プロジェクトマネジャーが671万円でランクインしており、IT業界の高給職種と同程度の年収が見込めるケースもあります。


IT営業が年収1,000万をめざすには

 

ここからは、IT営業で年収1,000万以上を目指すために有用な対策を紹介します。年収1,000万円以上を提示しているIT営業の求人情報も公開されており、適切な準備や対策を実践することで、希望年収を実現できる可能性は十分あります。IT業界ならではのキャリアアップや年収アップ方法について紹介していくので、取り入れていきましょう。


4-1 IT営業に必要なスキルを磨く


IT営業に必要とされるスキルとして、下記3つが挙げられます。
 
  • ITやサービスに関する基礎知識
  • ヒアリング力・提案力
  • 人を巻き込むコミュニケーションスキル
 
必要なスキルを磨くことで、IT営業として活躍の場が広がり、キャリアアップや待遇アップにつながります。また、汎用性の高いIT関連資格の取得も有用です。それぞれについて詳しく解説していきます。


4-1-1 ITやサービスに関する基礎知識


IT営業職として、IT全般やサービスについての基礎知識は習得しておきましょう。すべてのIT知識が必須な訳ではありませんが、顧客への提案において必要最小限の知見は持ち合わせたいところです。

例えば、IT業界の専門用語やサービス・製品の概要、インターネットやシステムの仕組みなどは押さえておきましょう。必要な知識を知らないままでは、開発に関わるエンジニアとコミュニケーションが取れず、顧客に最適な提案ができません。また、顧客が抱えるIT課題の本質を掴むことも難しいでしょう。

IT技術やサービス・製品の基本情報だけでも、説明できる程度には把握することが大切です。


4-1-2 ヒアリング力・提案力


IT業界に関わらず、営業職に必要とされるスキルには、ヒアリング力と提案力があります。ヒアリング力は、顧客のニーズを的確に導き出すために不可欠です。常に顧客の目線に立ち、顧客自身も気づいていないであろう課題まで見つけだす姿勢が求められます。

課題を的確に発見した後は、自社の製品やサービスに課題を落とし込んで、適切な課題解決策を提案します。IT業界は特に進化のスピードが早く、新しい技術が次々に登場するため、わかりやすく説明、提案できる力は必須です。


4-1-3 人を巻き込むコミュニケーションスキル


IT営業には、必要な人を巻き込むコミュニケーションスキルも求められます。プロジェクトの規模やチームの人数などにもよりますが、IT営業の業務は、顧客とのやり取りだけに留まらず、社内関係者ともコミュニケーションを行います。
 
システム設計の段階では、デザイナーやシステムエンジニアと連携し、予算や納期に併せて実行可能かつ高品質な提案ができるよう検討します。その後、プログラマーの協力を得て、検証・分析して完成させていきます。あらゆる方面の関係者と上手にコミュニケーションを取れる能力が重要です。


4-1-4    IT関連の資格を取得する

 

IT関連の資格を取得することで、知識やスキルの裏付けとして活用でき、キャリアアップにつながります。IT業界における定番の資格には、下記などがあります。
 
  • 基本情報技術者:IT技術の活用、情報戦略に関する分析、システム設計・開発・運用などを行える技術者
  • 応用情報技術者:IT技術を活用し独力で情報戦略分析やシステム設計・開発・運用などを行える技術者
  • プロジェクトマネージャ試験:システム開発、プロジェクトの計画立案から人材確保、品質や予算、工程の管理までに必要な知識の理解、スキルの習得
  • セールススキル検定:営業力を認定する試験資格
 
IT営業に必要な専門知識の習得や、営業力の向上に役立つ資格は、顧客に対して安心感を与えられるなどのメリットが考えられます。会社によっては、資格手当が出る場合もあります。
 
IT関連の資格取得については下記記事でも詳しく解説しています。併せて参照ください。
 


4-2 管理職を目指す


営業セールスの事業責任者や営業リーダーは、年収が高額です。マネージャー候補でも管理職と同程度の年収が求人情報に提示されています。
 
一般的なIT営業職の求人は年収300万円以上が多く、年収400〜600万円が相場です。一方で、管理職の求人は、年収は最低600万円以上、最高提示額で1,200万円以上の求人も複数見つかります。
 
管理職やマネージャーには、必要とされるスキルや素質が営業職よりも多く、業務自体も多岐に渡ります。営業部署のメンバーや関係者の進捗状況を管理するマネジメントスキルに加え、自身がプレーヤーを務める場合は成果を上げながら管理業務を行わなければなりません。
 
採用には応募条件が揃っている必要がありますが、長期的なキャリアを考慮してチャレンジする価値は十分あるでしょう。


4-3    上流工程・一次請負を目指す


IT業界では、上流工程と下流工程といった工程分けが見られます。顧客から直接案件を受注した元請け企業が、予算内で高品質な仕事をしてくれる二次請け企業に仕事を依頼するケースが多く、プロジェクトの中で工程が生まれるからです。二次請け企業が三次請負に依頼し、さらに別会社に依頼するというように工程が増えていくケースも少なくありません。
 
上流工程は、顧客と開発メンバーが中心となり、システムの計画やデザインを作る段階です。下流工程は、上流で決定した設計を元に、プログラムの設計やコード作成、プログラムの検証などを行います。
 
上流工程は大企業が担う場合が多く、全体の年収が高いため、IT営業職の年収も高く設定されています。また、案件の波が少なく、常に仕事がある状態をキープしやすいため、安定性がある点も特徴です。元請け企業から最初に仕事を依頼される一次請負も、二次請負よりも高収入となる傾向があります。


4-4    外資系企業に転職する


年収アップを目指す方法として、外資系企業への転職も有用です。外資系企業とは、外国資本が投入されている企業のことです。外国企業との関わりが強く、同じオフィスにいる日本人以外の同僚や上司とは英語でコミュニケーションを取ります。
 
営業職の場合、顧客が日本人以外のケースも多く、提案や交渉をスムーズに行えるだけのビジネス英語スキルが必要です。特にIT業界の場合、専門用語や知識を要するため、高度な英語力が求められます。
 
多くの外資系企業では、一般的な日系企業よりも基本給が高く設定されています。英語スキルの手当という見方もできますが、根本的な給与体系の違いが影響しています。日本の企業でよくある住宅手当や家族手当などは、外資系企業で支給されることは珍しく、基本給に最初から含まれていると考えます。
また、外資系企業の風土として成果主義や個人主義が強く、成果報酬制により実績や成果を出すほどインセンティブが出るので、結果給与が上がります。
 
外資系の求人は、ヘイズジャパンが豊富に取り扱っています。詳しくは以下をご覧ください。
 
 

4-5 年収ランキング上位企業へ転職する


IT営業で高年収を目指すなら、年収ランキングの上位企業への転職も検討しましょう。先述した上流・下流工程が生まれやすいIT業界では、大きな仕事を受注しやすい大手企業では職種問わず年収が高い傾向があります。
 
そのため、IT営業で年収1,000万円を超えるためには、平均収入ランキングで上位に入っている大手企業への転職が有利です。実際のIT営業の求人情報で、年収1,000万円が提示されている大手企業の一例を紹介します。
 
  • コニカミノルタ株式会社 法人営業(管理職候補):年収〜1,000万円
  • NEC 営業マネージャー:年収~1,100万円
  • GMOペイメントゲートウェイ株式会社(東証一部上場)法人営業:年収1,090万円 
 
また、各企業の2020年有価証券報告書を元にしたIT企業の年収ランキングでは、野村総合研究所(1,166万円)やソフトバンクG(1,158万円)、日本オラクル(1,031万円)などがTOP5を占めています。上記企業への転職情報を調べてみると良いでしょう。


まとめ 高年収のITエンジニアに転職するならヘイズ・ジャパン

 
IT営業の平均年収は472万円で、IT業界の中でも高年収の職種に当たります。また、一般的に高給といわれる業界の営業職と比べても、高めの年収水準です。年収1,000万円を超えるためには、ヒアリング力や提案力など営業職に必要とされるスキルに加えて、IT関連やサービスの幅広い知識が必要です。IT関連の資格取得も将来的なキャリアアップにつながります。
 
給与アップのために、年収の高い外資系企業や大手企業への転職を選ぶなら、転職エージェントを活用して、非公開求人や給与交渉を狙うことも有用です。ヘイズ・ジャパンでは、外資系企業の高待遇求人を多く扱っています。
 
エグゼクティブ職やスペシャリストの案件を含め、平均年収よりも高額での転職実績も豊富です。まずは下記よりお気軽にご相談ください。
 

ピックアップ記事(IT年収)

PHPエンジニア年収

PHPエンジニアの年収や将来性は?年収アップの5つの方法を紹介

PM年収

プロジェクトマネージャー(PM)の仕事内容や年収・将来性を紹介
 

Pythonエンジニア年収

Pythonエンジニアの年収が高い理由は?年収アップの方法を紹介
 

IT営業職年収

IT業界の営業職の平均年収は?年収アップの方法を複数紹介