パンくずリスト

ライバルに差をつける

ライバルに差をつける

あなたが探しているのは新しい仕事ですか?もしそうなら、今日の求人市場で他の候補者に差をつけるためには、自分を売り込み、新しいスキルを身に着け、その仕事に関連する経験を提供するだけでは不十分です。

例えば応募先のリクルーターが求めている人材が「仕事に全力で取り組み、かつ短期間で実績を出すことができる経験者」であるとします。

この場合、あなたはこれまでの経験を総合的に引き出して使う必要があります。あなたが、さまざまな経験を積み学んできたことを伝えてください。

新卒で就職活動をしているのであれば、在学中にプロフェッショナルとして経験した仕事について説明しましょう。他の候補者をリードできる大きなアドバンテージかもしれません。たとえ数週間でも、学期休み(semester break)中に仕事の経験があれば、経験を積んでいない他の卒業生よりも優位に求職活動を展開することができる可能性があります。

他の候補者に差をつける5つのポイント

1. 履歴書(英文履歴書を想定しています。)の書き方に配慮しましょう。

第一印象が大切です。フォーマットには、MS Wordなど一般的なツールの使用をお勧めします。冒頭には、連絡先などの基本情報を記載しましょう。次に学歴や資格などを記入し、職歴を最新のものから順番に並べていきます。ウェブサイトで自分の仕事を紹介しているのであれば、そのURLも添えておきましょう。ただし、これを履歴書の代わりにすることはできません。提出前に読み直し、時間をかけて修正してください。履歴書の書き方については、こちらのページでも詳しく紹介しています。

 

2. あなた自身を売り込みましょう。

他の候補者とあなたの違いをアピールするため、履歴書や面接ではセールスポイントを1点から2点ほど盛り込みましょう。例えば、大学で成績優秀者として認定されていた、顧客の定着率を改善した、プロジェクトの成功で重要な役割を果たした、などが好例でしょう。身近な例やデータを活用しましょう。

 

3. 必要な経験を積みましょう。

求職者が持つスキルの中で最も貴重なのは経験です。あなたがベテランのプロフェッショナルならば、現在のスキルと経験を募集ポジションの条件に適合するよう調整しましょう。在学中に就職活動を行う場合には、ボランティアや(海外の大学であれば)職務研修(Study Placement)を通して、希望する業界の経験を積むこともできます。

 

4. ネットワークを活用しましょう。

リクルーター、求人サイト、LinkedInなどのソーシャルメディア、自分自身の人脈、業界団体、大学の卒業生などあなたが持つネットワークを活用しましょう。

 

5. 新しいスキルを身に着けましょう。

業界もビジネスも常に前進しています。業界のトレンドに注目し、あなた自身も共に成長していることをアピールしましょう。

 

面接で注意すべき5つのポイント

1. 面接には遅れずに。

どんな言い訳をしても面接官には通用しません。面接官は、遅刻した面接者からあらゆる言い訳を聞かされているからです。面接当日は、公共交通機関の遅延に備えて、いつもよりも早めに家を出てください。チャンスは一度だけと心得ましょう。

 

2.準備は十分に。

この他にも失敗例として耳にするのが、応募先企業のリサーチ不足です。企業のウェブサイト、専門機関やアニュアルレポート、あなた自身の人脈、リクルーターなどを活用して応募先の事業に関する理解を深め、あなたの経験とスキルをどのように活かすことができるかを事前に確認しておきましょう。面接での質問を想定して準備し、面接の最後に質問する事項を決めておきましょう。

 

3. 相応しい服装を。

面接には、プロフェッショナルらしい振る舞いと服装で臨みましょう。

 

4. 「傾聴」の姿勢で。

面接官の話を注意して聞き、質問に答えましょう。「〇〇が発生した場合、あなただったらどのように対応しますか」など、あなたがとるべき行動について質問された場合は、実際の体験に基づいて回答しなければなりません。このタイプの質問を回避することは、お勧めできません。(回避することで)面接官の心象に与える影響は、あなたが考えるよりも大きいのです。

 

5. ソーシャルメディアは適切に使用しましょう。

候補者のソーシャルメディアをチェックする企業が増えています。実際に面接してみたら予想していた人物像と異なっていた場合には、特にこの傾向が強くなります。プライバシーの設定状態を見直し、オンラインに投稿する内容には十分に注意してください。今日の求職市場において、デジタルの活用法に無頓着であることは非常に危険です。