パンくずリスト

“WHY DO YOU WANT THIS JOB?”

「志望動機を教えてください」に対してどう答えるべき?

 

これは面接におけるもっとも一般的な質問の1つであり、ミスを犯す質問の1つであることも多いです。一見すると、面接官は単に「あなたが今日この面接室に来て私の前に座っている理由は?」と尋ねているように思えます。そのため、多くの候補者は「新たな挑戦をしたくて応募しました」や「御社は働く場として素敵な会社と思えたので」とあまりに単純な回答をしてしまいます。しかし、それらの候補者が面接の最終選考リストに残ることはほとんどありません。

面接官は、これまで何百回と耳にしているありきたりな回答に好印象を抱くことはありません。結局のところ、これらの回答は面接官が本当に知りたいこと、つまり「この候補者がこの会社のこのポジションに興味を抱いている理由」を伝えていません。

新たに人を採用するということは時間と費用が掛かるため、候補者の回答は「積極性と情熱を持ち、すぐに辞めることなく会社に貢献してくれる人材」と面接官が再確認できるものでなければなりません。この点を踏まえ、ここでは面接官から「このポジションへの志望動機は?」と尋ねられた時にどのような構成で回答すべきかを解説します。

1. その会社に強い関心を抱いている理由を説明する

大抵の場合、自社に対する情熱を持っている人は求められる以上の働きをして自分自身と会社両方に成功をもたらすハイパフォーマーです。

今回応募した会社のことはそれまで耳にしたことがないかもしれませんし、その会社のブランドに以前から興味を抱いていたかもしれません。いずれにせよ、この質問に回答する際はその会社に対する自分の情熱や意気込みをアピールすることが重要となります。その会社の目指すところがいかに自分の価値観と合致しているか、自分が特に好きな製品やサービスは何か、最近の業績や表彰にいかに感銘を受けたかをアピールする必要があります。

2. 応募ポジションに対して強い関心を抱いている理由を説明する

候補者の回答を聞く面接官は、その相手は応募しているポジションに適していることだけでなく、その業務に前向きに取り組んでくれるかどうかも確認したいと思っています。ですから、この質問に回答する際は、募集要項を最初に読んだ時に特に心を動かされた部分とその理由を強調するなど、応募ポジションに対する情熱や意気込みをアピールすることが重要となります。

3. 応募ポジションがいかに自身の成長機会となり得るかを説明する

面接官の大半は短期的ではなく長期的に会社に価値をもたらし得る人物、熱意や意欲、自己改善に対する強い関心を持っている人物を採用したがっているということは覚えておくべき重要なポイントです。

そのため、この質問に回答する際は、自分のスキルを向上させたいこと、応募ポジションの具体的にどの部分がそれにつながるかを説明する必要があります。その次に、他ならぬこの会社でスキルアップを通じたキャリアアップを志向する理由を概説していきます。

4. 面接の場に呼んでもらった感謝の念を再度伝える

最後に、面接の場に呼んでいただいた感謝の念を再度伝えながら、そのポジションに対する自分の適性をアピールします。

模範解答例

以下は、サイバーセキュリティ業界のとあるポジションに応募したマーケティングエグゼクティブによる説得力のある回答例です:

「サイバーセキュリティは成長と絶えざる変化が続いている重要な業界です。そして、私がここ数年大きな興味を抱くようになった業界であり、そのなかで特に注目していたのが業界のパイオニアにしてマーケットリーダーのXXX社でした。私の理解では御社は堅牢かつ予防的なソリューションを提供しており、定期的に出される業界向けコメントも興味深く拝見しています。そして言うまでもなく、このポジションに関する求人を目にした時には大きな興奮を覚えました。

本件に関する募集要項にまず目を通した私が特に興味を抱いた点の1つは、御社がソーシャルメディアを重視しているという点で、これはまさに私の長所と合致します。ソーシャルメディアマーケティングは私がもっとも得意とするところでありますが、進化し続けているこの分野で活躍し続けるためには自分が持つ専門知識の開発を絶えず続ける必要があることも理解しております。XXX社のような高度かつ確かなソーシャルメディア戦略を有する未来志向のマーケットリーダーで働くことは、様々な専門家から学び、最新の業界事情に触れ、能力開発やキャリアアップの機会を通じて自分の潜在能力を最大限に開発できることを意味します。

このように、私が抱いている関心やスキルセット、意欲は、今回のポジションおよび御社によく合致していると思います。本日は面接に呼んでいただき、誠にありがとうございました」。

念のため言っておきますと、上記の要素を含む回答は面接官の耳には心地良く聞こえるでしょうが、冒頭で説明しているように、彼らはこれまで何百回となくこうした回答を耳にしています。とはいえ、より個性的かつ練りこまれたアプローチで面接に臨むことができれば、応募職種に最適な候補者として面接のライバルに差をつけることができるでしょう。

 

マーク・ブラジ

ヘイズ・ポーランド/マネージングディレクター

6つのオフィスで400人近い従業員を率いるマークは、2019年9月にヘイズ・ポーランドのマネージング・ディレクターに就任。

2012年に香港のリージョナルディレクターとしてヘイズに入社。2014年にはアジアにおけるヘイズ・タレント・ソリューション事業の責任者を任され、2015年にヘイズ・ジャパンのマネージング・ディレクターに就任する。あらゆる専門分野における日本事業の運営と成長を担当し、正社員、エグゼクティブ・サーチ、派遣、契約、オンサイトのソリューションを提供した。

人材業界の前は自動車業界で様々な営業およびマーケティング管理職を務めていた。

Career Advice Promo block