パンくずリスト

人事考課で適切なフィードバックをするためには?8つのポイントを解説

人事考課で適切なフィードバックをするためには?

人事考課で効果的なフィードバックを提供することは、チームを成功に導く鍵です。しかし、すべての人が自然にできることではありません。今回は、人事考課で適切なフィードバックを提供し、チームの力を最大限に引き出すための8つのポイントをご紹介したいと思います。
 

1.準備が肝心

常に準備をすることが大切です。ミーティングの前に、当初の目標を確認してから、パフォーマンスを評価するようにしましょう。また、面談で話し合うべきパフォーマンスの良い例、悪い例を具体的に考えておくことも重要です。
 

2.透明性を確保する

プロセスの透明化が重要です。面談を通して何を議論したいのか、何を達成したいのかということを伝えておきましょう。人事考課の際にフォームやテンプレートを使用している場合は、事前に共有するようにしてください。このようにすることで、社員の緊張をほぐすことができるとともに、十分な準備をさせることもできます。
 
大切なのは、信頼関係を築くことです。あなたが優れたリーダーならば、このことはすでにチーム内の人間関係において重要な要素だと考えているはずです。信頼関係を築くことができていれば、従業員はあなたが個人的な理由で批判しているのではなく、自分の能力を信じ、成長させたいと考えてくれているのだと感じることができます。
 

3.本人に語らせる

面談中は、大部分を本人から話してもらうようにしましょう。ミーティングは、双方向でよりオープンな形で行うことをお勧めします。
 
何が上手くいって、何が上手くいかなかったのか。目標や成功したこと、課題について話してもらうことから始め、自分自身の行動を振り返ってもらうことが大切です。
 

4.ポジティブな話題から始める

具体的な事例を交えながら、特に印象に残ったパフォーマンスから伝えるようにしましょう。そうすることで、彼らのモチベーションを高め、その後にネガティブな話題もしやすくなります。
 

5.思い込みではなく事実で判断する

思い込みや過度な批評はしないように気をつけましょう。しかし、業績に関して問題がある場合は、先延ばしにせずに懸念があることをしっかりと伝えることが大切です。
 
ネガティブなフィードバックをするときは、具体的な事例を挙げることや建設的な指摘をすることを意識しましょう。自分の行動が及ぼす影響を理解してもらい、最終的に改善できるようにすることが重要です。例えば、「プレゼンテーションの内容は素晴らしかったのですが、ボディランゲージや猫背が少し気になりました。次からは、気を付けてください」。また、プレゼンテーションに関するトレーニングに興味があるか聞いてみるのも良いでしょう。例を伝えるときは、できる限り多くの情報を与え、曖昧な表現は避けるようにしてください。そうすることで、フィードバックの信頼性を一層高め、価値のあるものにすることができます。
 
また、一つのポイントに絞って伝えることも意識しましょう。あまり多くの問題に焦点を当てすぎると混乱させてしまいます。情報を咀嚼し、余裕を持って返答できる時間を作ってあげることが大切です。フィードバックの合間に、質問の時間を設けることも忘れないようにしてください。
 

6.あなたは社員をサポートするために存在する

フィードバックをするときは、あなたが彼らの能力を信じているということ、成長してほしいと考えていることをきちんと伝えることが大切です。
 
1対1の面談をより頻繁に行う、研修を追加で実施するなど、必要なサポートがないか尋ね、働きやすい環境を整えてあげましょう。
 

7.ポジティブな気持ちで終わってもらう

活力を取り戻してもらい、インスピレーションを与えることが大切です。そのために、社員がポジティブな気持ちで人事考課を終えることができるようにする必要があります。ポジティブな点を繰り返し強調し、今後数カ月間の抱負や目標を話してもらうようにしましょう。
 
目標の達成はあくまで最低限の期待であり、社員は常に高い目標に向かうべきであることを明確にする必要があります。そうすることで、意欲的な環境が作り出すことができます。
 

8.人事考課は、社員のやる気を引き出すのに役立つ

面談後は、特に重要な目標を箇条書きにし、メールで送るようにしましょう。目標を定期的に確認するよう促すことで、チームの集中力とモチベーションを維持させることができます。 進捗状況を確認する日を決めておくことも大切です。
 
また、年に2、3回の正式なレビューに加え、個々のタスクやプロジェクトについて定期的にフィードバックを行うと良いでしょう。そうすることで、チームの成功に導き、向上心と生産性の高い環境を育むことができます。
 
他にも、スキルアップやチームマネジメントに役立つ情報を紹介しています。こちらの記事もぜひご覧ください。

著者

ジェフ・フォーセット
ヘイズUK、ディレクター
16年以上にわたって人材紹介業に携わり、現在はロンドンの銀行・金融サービスに統合的な人材ソリューションを提供する「ヘイズ・フィナンシャル・マーケット」を担当。財務、オペレーション、人事、マーケティング、購買、秘書、リスク&コンプライアンス、フロントオフィス、ファイナンステクノロジー、エグゼクティブなどの専門部門を持ち、100人以上のコンサルタントを擁しています。

Career Advice Promo block