パンくずリスト

転職コンサルタントとは

転職コンサルタントとは

採用コンサルティング企業に対して蔓延している一般的な誤解とは?
転職エージェントコンサルタント会社のウェブサイトに掲載されている求人案件は実在しないという誤解です。実在しない求人案件を掲載することが違法行為に当たることはあまり知られていません。当社のウェブサイトに掲載の求人案件は実在のものですのでご安心ください。

採用コンサルタントは求職者と採用企業とのベストマッチングではなく、マッチング自体に執着しているという誤解です。当社の経営理念は、クライアントからの評価を重視する「リピートビジネス」の関係を築き上げることです。そのようなクライアントとの確かな信頼関係構築は、優秀で、尚かつ離職率の低い人材を紹介しない限りは達成されません。

採用コンサルタントにこちらから連絡しても連絡が取れないことが多いといった不満を感じている求職者がおられるようです。採用コンサルタントは日々採用企業との電話対応や訪問に追われ、求人案件が生じた際には当社登録の求職者を対象に優先的に検討してもらえるよう、商談を行っています。商談の成功をもってようやく求人案件のご紹介につながるのです。

短期の仕事は簡単に変えられたり、別の仕事に移れるといった誤解です。求職者が短期の仕事を契約満了前に離職したり、または約束の面接時間に現れなかったりするトラブルがしばしば生じます。例え短期の仕事でも採用コンサルタントは求職者の斡旋に至るまでに採用企業の信用を勝ち取る並々ならぬ努力をしているのです。従って求職者の無責任な行動は、採用企業からの信用を失うことにつながり、次の商談にも大きく影響してきます。 

優秀な採用コンサルタントは求職者との面談で面接テクニックや履歴書のレイアウトについてフィードバックを行います。また求職者に対して、現在募集がかかっている求人案件についてできる限り多くの検討材料を提供し、その上で興味をもっていただければ、ポジションや採用企業に関するさらに詳しい情報を提供し、採用につながるようサポートします。久しく面接に臨んでいない求職者や新卒者を対象とし、転職・就職の成功のチャンスが高まるよう、面接前のコーチングも行います。

面接の結果、不採用であった場合は採用企業から寄せられた不採用理由のフィードバックを行います。採用に至った場合は求職者の評価を決して落とすことなく、採用企業との給与交渉を代行します。

採用コンサルタントからキャリアアドバイスを受けるのは妥当でしょうか?
はい。当社は採用のエキスパートであり、当社専任コンサルタントは各自担当する業界において豊富な経験の中で培われた知識にもどづき、的確なアドバイスを行うことができます。

採用コンサルタントとの初回面談は時間外でも対応いただけるのでしょうか。
コンサルタントの受付時間は通常8時~18時ですので、受付時間内に設定していただけるようご配慮願います。また、時間外となりますと複数の候補者と面談することが難しい状況です。採用コンサルタントはクライアントとの関係構築のため時間外に人脈作りのための交流会やイベントに参加し、求人案件の獲得に奔走しています。実際、時間外の面談は行われていますが、時間外のスロットは基本的に限られているとお考えください。

採用コンサルタントとの面談内容はどのように取り扱われているのでしょうか?
採用コンサルタントは多くの採用企業に対して、求職者を売り込む必要があります。採用企業に履歴書を提出する前には、求職者に対して事前に求人案件のご説明をさせていただいています。ご本人の承諾なしに先方に履歴書が提出されることはありません。また現雇用主に転職活動の情報漏洩がないよう最新の注意が払われ、現雇用主へのレファレンスチェックもご本人の承諾なしには行われませんのでご安心ください。

採用コンサルタントを使いこなすには何をすればよろしいでしょうか。
採用コンサルタントに対して曖昧な言動は禁物です。興味のある、または興味のない求人案件ははっきりと伝えましょう。採用コンサルタントを喜ばせるために面接に臨むことだけは避けてください。常に興味のあるポジションの面接にのみ臨んでください。現在、短期のお仕事に就いている場合は、最も確実に連絡が取れる連絡先をご登録ください。また、契約期間満了に差し掛かっている場合は、その旨採用コンサルタントにご相談ください。

他の転職エージェント会社を併用した場合、採用コンサルタントに不愉快な思いを抱かせるのでしょうか。
いいえ。多くの求職者が複数の転職エージェント会社に登録しています。もっとも一流の転職エージェント会社は求職者に対して常に複数の案件を抱えているため、複数のリクルートエージェントに登録する必要性はありません。

実際には退職する意思は固くなく、興味のある分野でどのようなチャンスがあるかを探りたい場合、はっきりとお伝えすべきでしょうか。
はい。採用コンサルタントは、雇用市場のトレンドや現在募集のかかっている求人案件について、求職者にシェアします。転職の意思が固まっていない場合は面談ではなく、話し合いのアポイントメントを取ってください。そこで現職に留まるべきか、転職すべきかの判断材料をご提供いたします。求人案件のサーチから始まり、新しいポジションのオファー獲得まで奔走した挙句に、実際のところは現職の雇用契約を有利なものにするためだったとなると、採用コンサルタントに対して大変に不誠実な行為です。

採用コンサルタントは求職者に何を期待していますか?
関係者との約束を果たすこと(例えば、短期のお仕事の場合は契約満了まで勤務することや、面談や面接に遅れる場合などは電話連絡をすることなど)、応募ポジションの詳細をしっかりと把握し面接官に説明できること、またリクルートコンサルタント会社から派遣する立派な大使として行動すること(面接官を感心させること)、そして常に連絡を密に取ることです。