パンくずリスト

ライバルに惑わされず、自信を持って面接に臨むために

ライバルに惑わされず、自信を持って面接に臨むために

面接を控えている皆さん、自分と他の人を比べて迷ったりしてはいませんか?他の人の方が自分よりも優秀で、応募した仕事にふさわしいのではないか、などと不安に感じたりはしていないでしょうか。もしそうならば、以下のアドバイスを参考に面接の準備をしてみてください。決して自信をなくしたり、面接通過のチャンスを逃したりすることがないように。
 

不安の正体をつきとめ、準備をしておく

あなたを不安にさせ、自信を喪失させているものは一体なんでしょうか?面接を受けるのが久しぶりだからでしょうか。それとも、他に経験不足を感じていることがあるのでしょうか。
 
思い当たるのであれば、面接前の時間を効果的に使って準備しましょう。面接の実践不足には、鏡を使った練習方法をお薦めします。面接で想定される質問を用意し、鏡に向かって声を出して答える練習をしてみてください。また、友人に面接官の代わりを頼んでも良いでしょう。自分の回答が矛盾していないか、身振りや手振りから自信を感じられるかどうか意見を求めても良いと思います。面接当日に向けてウォーミングアップを行い、必要があれば修正をしておくのです。
 
技術的なスキルや業界経験など、面接までに修正することができない部分に不安を感じているのであれば、リクルーターやエージェントに相談することをお勧めします。ひょっとしたら、スキルや業界経験は、あなたが考えているほど重要なポイントではないのかもしれません。そもそも、これらが重要な採用条件であれば、あなたが面接に進むこともなかったでしょうから。リクルーターやエージェントは、こうした視点から、あなたを安心させてくれるでしょう。
 
ただし、経験やスキルの不足については面接で指摘される可能性もあります。こうした場合を想定して、どのように回答するかを考えて準備しておきましょう。こんな時は、まず、自分自身がスキルや経験不足を自覚していることを伝え、これを補うためにどのように努力していこうと考えているのか、スキルアッププランなどを具体的にアピールして下さい。
 
不安の正体がわかったら、これに引きずられることは禁物です。その代わりに、あなたが応募した仕事や応募先の会社のために、どんな貢献ができそうかを考え、まとめておきましょう。
 

自分が貢献できることを中心にアピールする

競争相手がどんなスキルや経験をもっているのかを知ることはできません。あなたが確実に知ることができるのは、あなた自身が、どのように応募先企業に貢献できるか、ということです。ですから、面接ではあなた自身の専門知識や経験を中心に話をして下さい。
 
では、面接当日までに次の準備をしておきましょう。まず、履歴書の見直しです。職歴の内容とスキルがマッチしているか確認し、重複している部分があったらピックアップしてみましょう。スキルと仕事の内容が整合していれば、応募した仕事に適任であるか否かがわかり自信が持てるようになるでしょう。次に、自分の能力に関する質問に答える練習に移りますが、こうした質問に答えるときは、次の「STAR」テクニックを活用してみましょう。これまでの自分の実績を思い出し、自信を持つことができるはずです。
 
  • Situation(状況)を具体的に説明する
  • 自分のTask(仕事)と、どのように関連していたのかを話す
  • あなたがどのようなAction(行動)をとったのかを説明する
  • Results(結果)を伝える
さて、ここまでくると当初の不安も解消し、自信もついてきたのではないでしょうか。もちろん、小さな不安はまだあるかもしれませんが、これは極めて当然のことです。では、どうすれば面接当日に自信を持って臨むことができるのかを説明します。
 

あなた自身の個性に自信はあるか

実は、性格や個性というのも重要なポイントです。これを重視する採用担当者は少なくありませんし、私自身もそう思います。いくら多くのスキルを持っていても、このスキルを十分に発揮し、役立てるためにはその人自身の個性や性格が大きなポイントを占めています。また、これらが面接の結果に大きく影響することが珍しくないのです。では、その理由を説明しましょう。
 
  •  ソフトスキル その人の人格や資質などを反映しているのが、ソフトスキルです。対人関係の築き方や創造性、好奇心、優れた感情知性(EQ)などがこれに該当するのですが、これらのスキルは後天的なものではなく、先天的なものであるとされています。そして、これらの資質こそが、採用担当者が注目するポイントでもあるのです。自分がどのようなソフトスキルを備えているかを知りたければ、過去に仕事仲間や友人から指摘されたことを思い出してみればよいでしょう。周囲の人たちは、あなたをどのように褒めてきましたか?社会人になる前のことでも構いません、しっかりと思い出してみましょう。私自身の例を紹介しましょう。私は子供のころからいろいろなことに興味を持ち、積極的に質問をしてくる好奇心旺盛な性格だと言われてきました。ときどき授業の妨げにはなったかもしれませんが、この性格のお陰で私は向上心を持ち続け、努力して知識を広げ、今日の自分を築くことができたのだと考えています。自分のソフトスキルが分かったら、次は応募した仕事にそのスキルがどのように貢献できるのかを考えてみるのです。また、そのソフトスキルを使って、面接官と良い関係を築き、好印象を与えることはできないでしょうか?あなたのソフトスキルは、あなただけのものです。そして、ライバルに差をつけ、採用を左右する大きなポイントともなります。自分のソフトスキルが、応募した仕事にプラスになることに自信を持って、アピールしましょう。
 
  • チームに馴染めるか  もう一つ重要なのは、チームや組織に馴染むことができるかどうかです。馴染むことができなければ、生産性やチーム全体の協力体制に大きな影響が出ますし、その会社に長く定着する可能性も低くなるでしょう。このため、応募した仕事が本当に自分にマッチしているとき、ライバルと差をつけるのは、こうしたパーソナリティになります。このように考えてみると、面接で自分らしく振る舞うことが非常に重要であることが分かります。ですから、面接官が期待する人物像を先回りして、「演じる」ことはしない方が良いのです。例えば、自分が外交的で親しみやすい性格であれば、TPOに応じて面接でそれを表現してみましょう。どんな個性にも、それに適した仕事があります。自分にマッチした仕事を見つけるためにも、競争相手のことは忘れ、自分らしく振舞うことが大切なのです。
 

面接当日は自信を持って

さて、ここまでのアドバイスで、皆さんはご自分に自信を持つことができたでしょうか。もちろん、面接の日が近づくにつれて、気持ちが落ち着かなくなることもあるでしょう。当日の朝は、気持ちを楽にして、リラックスできるようにしておきましょう。
 
面接が成功したときのイメージを思い浮かべることも有効です。完璧な人間などいません。それは、あなたも競争相手も同じです。しかし、あなたは今、自分にしかない強みをきちんと理解しています。あなたが面接に進むことができたのは、正にこの強みがあったからこそなのです。
 
準備には十分な時間をかけて下さい。そして、当日は自分に最も似合う服装を選びましょう。胸を張って面接室に入り、背筋を伸ばして面接官とアイコンタクトして下さい。自信がある振る舞いをすれば、本心は違っていても自然と自信があふれ出し、自分を肯定的に伝えることができるようになります。
 
競争相手がどんな人たちで、どんなスキルや経験、資質を持っているのかを知ることはできませんし、それを変えることもできません。ですから、あなたは自分だけの価値を大切にして、応募した仕事で企業にどのように貢献できるのかを考え、面接に臨めば良いのです。面接のチャンスが与えられたことは、前向きに考えましょう。そうすれば、自信を持って面接を受け、ライバルをリードできる可能性も高くなります。
 
他にも、面接準備に役立つ情報を紹介しています。ぜひこちらの記事もご覧ください。

著者

クリス・ドッティ
ヘイズ・スペイン、マネージング・ディレクター
ドッティは英国のリバプール出身で、1996年にヘイズに就任。ヘイズUKとヘイズ・ポルトガルde後、2002年にヘイズ・スペインに異動。ドッティはヘイズ・スペインの全4拠点(マドリード、バルセロナ、バレンシア、ビルバオ、セビリア)を統括するマネージング・ディレクターを勤めている。アストン大学で国際ビジネスと現代語を専攻し、l’École Superieur de Sciences Commerciales d’Angersで1年間研究していた。大学卒業後は、アッシュブリッジ・ビジネススクールとIMDの社会人教育コースを卒業し、現在はビジネスや国際取引に関するパブリック・コメンテーターとして活躍している。

Career Advice Promo block