Data Analyst job banner

データ・アドバンストアナリティクス
関連の求人・転職情報

データの可能性を解き放つ

AIや機械学習の台頭に加え、データインテグリティやコンプライアンス、DX(デジタルトランスフォーメーション)へのニーズが高まり、組織におけるデータアナリストの重要性が急激に増加しています。

需要の高まりに対して、適切な能力を備えた人材は非常に限られていることから、データアナリストは極めて高い報酬が得られる可能性があります。

データ・アドバンストアナリティクス関連の求人を探す

躍動感あるスタートアップ企業から大企業まで、ヘイズのエキスパートは最適な転職先探しをサポートします。

転職で何を求めているかを把握したうえで、候補者が持つスキルや専門知識などの情報が企業の採用担当者に適切に伝わるよう尽力。データアナリストの需要が高まっているこのチャンスを最大限に活かせるよう、ヘイズはあらゆる段階をサポートし、転職を成功に導きます。

最寄りのヘイズのオフィスに連絡して履歴書をお送りいただくか、ウェブサイトに掲載されているデータアナリスト関連の求人をチェックしてみてください。
 

お問い合わせ

キャリアプランに合った最適な仕事を見つけられるよう、精一杯サポートします。転職のご希望やお悩みなど、いつでもご相談ください。
 

お問い合わせフォーム

必要事項ご記入後、担当者よりご連絡いたします。
  •  
     
  •  私は、利用規約を読了したことを認め、また当該条件を受諾いたします。また、当該フォームに必要事項を記載することにより、プライバシーポリシーを読了しこれを理解したことに同意いたします。

データ・アドバンストアナリティクス 関連の求人・転職情報に関してよくある質問

日本のデータアナリストの給与はどの程度ですか?

給与は、職務や勤務地、経験に応じて異なります。AIやデータ関連の職種なら平均年収800~1,500万円程度、データアナリストなら800~1,800万円程度が標準で、経験年数に応じて金額は変わります。
 
ヘイズの年収査定を利用して、関連職種の標準的な給与に関する詳しい情報や自分の職種の給与水準をチェックしてみましょう。

データアナリストを採用しているのは、どのようなタイプの企業や組織ですか? 

ほぼすべての業界でデータへの注目が高まり続けているなか、データを意味のあるものにできる人材は今後、あらゆる企業で求められるため、多くの選択肢が考えられます。
 
ERPやデジタルプラットフォームに膨大な量のビジネスデータを蓄積している大企業では、それらのデータを管理するためのデータの専門家が常に必要です。インターネット企業やソフトウェア企業でも、データ主導のチームを構築するようになっていくでしょう。もちろん、スタートアップ企業や成長企業の多くも、自社の製品やサービスの質を高めて売上を拡大していく際に、データスキルが重要になることを認識しています。

データアナリストの求人に応募する際、どのような資格や経験があれば有利ですか? 

数学や統計学、あるいはコンピュータ関連の学位は、間違いなく役に立ちます。
 
優れたデータアナリストが著しく不足している現状では、資格よりも経験や実績が重視されます。特にPython、R、SQLの経験や専門知識は高評価。関連する認定資格を持っていれば、求人に応募する際、確実に強みになります。

データアナリストとして働くことに、どのようなメリットがありますか? 

データは私たちを取り巻く世界を動かしており、今後も間違いなく、可能性が広がる分野だと言えます。複雑なデータを意味のあるものに変えて意思決定に役立てるデータアナリストは、ほとんどの業界において不可欠な存在であり、マーケティング、研究開発、新規技術の開発など、あらゆる部門で求められています。
 
実際、データサイエンティストやデータアナリストの需要は急激に高まっており、この分野で優れたスキルを持つ人材は、かなり高額な給与が期待できます。

データアナリストにはどのような技術スキルやソフトスキルが必要ですか?  

データは私たちを取り巻く世界を動かしており、今後も間違いなく、可能性が広がる分野だと言えます。複雑なデータを意味のあるものに変えて経営判断に役立てるデータアナリストは、ほとんどの業界において不可欠な存在であり、マーケティング、研究開発、新規技術の開発など、あらゆる部門で求められています。
 
実際、データサイエンティストやデータアナリストの需要は急激に高まっているものの、この分野の人材は比較的少ないため、優れたスキルを持つ人材は、かなり高額な給与が期待できます。