Cloud Jobs banner

クラウドコンピューティング
関連の求人・転職情報
 

クラウド分野で力を発揮してみませんか?

多くの企業が、アクセシビリティや柔軟性、拡張性などクラウドコンピューティングの利点を最大限に活用したいと考えています。しかしそのためには、優れた能力と豊富な経験を持つ、クラウドコンピューティングのエキスパートが不可欠です。

クラウドインフラのスペシャリスト、認証の専門家、DevOpsエンジニア、サイト信頼性エンジニア(SRE)など、これらのスキルの需要が今、かつてないほど急速に高まっています。

クラウドコンピューティング関連の求人を探す

スタートアップからグローバル企業まで、ヘイズはあらゆる規模の企業と事業を推進してきました。それらの経験から、クラウドベースのテクノロジーがもたらすイノベーションについて、独自の洞察を得ています。クラウドへの移行が加速するなか、クラウド自体は道中であり目的地ではありません。そのため、ヘイズは日々、優秀なクラウド人材を獲得するために奔走している膨大な数の企業と、人材獲得についてコミュニケーションをとり続けています。

ヘイズは、転職を希望する求職者にとって何が重要かをまず十分に理解します。そして積み重ねた知見およびヘイズだけが有する求人情報と組み合わせることで、求職者にとって最適な仕事を探し出し、キャリアを新たな高みへと引き上げることができます。クラウドコンピューティングの分野で新たな機会に出会いたいと思ったら、まずはヘイズにご相談ください。

最寄りのヘイズのオフィスに連絡して履歴書をお送りいただくか、ウェブサイトに掲載されている最新のクラウドコンピューティングの求人をチェックしてみてください。
 

最新のクラウドコンピューティング関連の求人

CMO
東京23区内
クラウドテクニカルサポートマネージャー
東京23区内
クラウドコンサルタント
大阪
続きを見る

お問い合わせ

キャリアプランに合った最適な仕事を見つけられるよう、精一杯サポートします。転職のご希望やお悩みなど、いつでもご相談ください。
 

お問い合わせフォーム

必要事項ご記入後、担当者よりご連絡いたします。
  •  
     
  •  私は、利用規約を読了したことを認め、また当該条件を受諾いたします。また、当該フォームに必要事項を記載することにより、プライバシーポリシーを読了しこれを理解したことに同意いたします。

クラウドコンピューティング関連の求人・転職情報に関してよくある質問

クラウド関連のスキルに高い需要はありますか?

はい、非常に高い需要があります。ここ最近、経験豊富なクラウド人材の需要は急拡大しており、優秀な人材の供給が追いついていない状況です。リモートワークやハイブリッドワークにシフトする組織がますます増加し、全社的なデジタルトランスフォーメーションを計画していくうえで、クラウド人材は今や不可欠な存在になっています。
 
AWS、Google Cloud、Microsoft Azureの3大クラウドの移行経験がある人材は間違いなく需要があり、サイバーセキュリティ、DevOps、データベース、プログラミング関連のスキルがあれば転職にかなり有利です。

日本でのクラウドスペシャリストの平均給与はどれくらいですか?

全体的な給与待遇は勤務地によって異なりますが、一般的には平均年収800~1,200万円程度が期待できます。
 
ヘイズの年収査定を使えば、クラウド人材の国内の標準的な給与水準と自分の今の給与を、簡単に比較できます。

クラウド分野でキャリアアップするには、どのようなスキルが役立ちますか?

技術基盤として、従来のインフラ関連のスキルがあると有利です。 組織は新たなオペレーティングモデルのリスクを軽減しようとしており、サイバーセキュリティ分野での経験には価値があります。セキュリティの専門家を目指すのであれば、CCSPの資格も役に立ちます。
データベースやプログラミング言語のスキルがあることも有利に働くでしょう。ストレージやクラウドデータ管理も引き続き重点分野になると考えられ、SQL、MySQL、Hadoopなどのデータベース言語のスキルは、AWS、Azure、Google Cloudの実務経験と同様に重視されるでしょう。
 
また、DevOpsのエンジニアリングスキルを持つ人材にも高い需要があります。開発や検証の実務に精通し、それを実証できることが重要であり、チームで協調してアジャイルに仕事ができることも求められます。

クラウド分野の仕事をするうえで、どのような資格が重要ですか?

主要なクラウド分野の認定資格は不可欠です。AWSの場合は、AWS Certified Cloud Practitioner認定の取得が基本です。Microsoft Azureにもさまざまな認定資格があり、それぞれFundamentalレベル、Associateレベル、Expertレベル、Specialtyレベルが設けられています。一方、Google Cloudの場合はAssociateレベルとProfessionalレベルを設け、独自のトレーニングプラットフォームを提供しています。
 
さらにアーキテクチャ、開発、オペレーションのそれぞれにもAssociateとProfessionalのレベルがあり、追加で認定資格を取得することができます。また、ビッグデータやアドバンストネットワーキングなど、専門分野の認定資格取得を目指すこともできます。