パンくずリスト

今こそ知っておくべき、自分の価値を上手く会社に証明する方法とは?

今こそ知っておくべき、自分の価値を上手く会社に証明する方法とは?

新型コロナウィルスによる危機で、私たちの環境は変化し、先行きの見通しも立ちにくい状況になりました。こんなとき、皆さんは自分自身の価値、すなわち自分自身が「ビジネスに欠かせない」人材であることを、会社に上手く伝えることが出来れば・・・、と感じていらっしゃるかもしれません。今はプレッシャーも大きく、未来に不安を抱きやすい時期です。しかし、この状況を適切な方法で乗り切ることが出来なければ、重圧感による過労からバーンアウト(燃え尽き症候群)してしまう可能性もあります。

 

これは、非常に深刻な問題です。自分自身に負担をかけ過ぎずに、現在の仕事であなた自身の価値を証明するためには、何をすべきなのでしょうか。

ウィズコロナ・ポストコロナの時代に自分の価値を証明する11の方法

1. 今回のパンデミックにより会社はどのように変化したのでしょうか?また、自分自身の価値を高めるために必要なことは?

会社の戦略目標は、今後どのように変化するのでしょうか?あなた自身の役割は、どのように進化していくのでしょうか?そして、最も重要なのは、その進化に向けて、あなた自身はどのように備えることが出来るのでしょうか?これらの質問を、マネージャーやシニアリーダーに、積極的に問いかけてみましょう。答えが出なければ、一緒にあなたが果たすべき役割について考えてもらうよう頼んでみるのも良いでしょう。ポストコロナ時代に合わせて、あなたの役割を時代に適した内容に調整出来るよう力を貸してもらうのです。また、今後、業務考課などがどのように変化する可能性があるのかを確認するのも良いでしょう。将来に向けて準備をしておくことで、あなたは順応性が高く、新しい時代に生まれてくる課題やチャンスに向かう成長意欲を持った人材であると、上司にアピールすることが出来ます。また、率先して行動を起こすことで、自分自身のキャリアをマネジメントしている感覚を取り戻すことも出来るでしょう。

 

2. 学び続ける意欲とエキスパートとしての存在感を示しましょう。

会社の現状や将来の方向性を理解することは出来ましたか?では、次に、あなた自身の強みやスキル、能力を会社の成功に向けてどのように活用出来るかを考えてみましょう。信頼されるエキスパートになるためには、何が必要なのでしょうか。また、会社が未来の課題や問題に対処しなければならないとき、あなたはどのように会社を支えることが出来るのでしょうか。そのために必要な新しいスキルは何でしょうか?これらを考え、理解するように務めましょう。また、これまでの知識や新しい知識をチームのメンバーと自由に共有しあい、メンバーがスキルアップや再学習をするときにはその支援をしながら、自分自身も学び続ける姿勢を持つことが大切です。履歴書やLinkedInのプロファイルを更新し、あなたが学習している内容を伝えたり文書にまとめておきましょう。

 

3. テレワークのときもエチケットを忘れずに。

テレワーク中でも、エチケットを疎かにしてはいけません。メールやSkypeのメッセージ機能で迅速に対応したり、オンライン会議のマナーを守って参加することによって、社内外の関係者と良好な関係を築くことは可能です。テレワークでのマナーを守り、重要なタスクやプロジェクトで生産性を維持出来るように努めましょう。例えば、仕事中に注意力が散漫になるのはどんな時ですか?こうした点をメモしておくと、仕事への取り組み方を見直したり、生産性維持や健康向上のための習慣を考えたりするきっかけにもなります。

 

4. テレワークでの「見える化」を維持しましょう。

ハイブリッドな勤務体系への移行が進むと、仕事で存在感を示すことが難しくなってきます。出勤日数が減り、オフィスにいた時のように顔を合わせる機会が少なくなると、従来と同じ方法で人間関係を築き上げることが出来なくなります。このため、マネージャーやチームメイトと定期的にコミュニケーションすることが、これまで以上に大切になります。現在携わっているプロジェクトの連絡事項や仕事での成功事例、達成事項、重要なステークホルダーから受けたフィードバック等は、特に重要な連絡事項になりますので、確りと伝えるようにしましょう。多少のアピールであれば、躊躇する必要はありません。成功したことや達成したことを、ためらわずに話せるようになりましょう。完成したタスクやこれまでの結果を簡潔にまとめて、毎週提出するのも効果的です。そのときは、これらの成果を証明するものを一緒に送ることも忘れずに。キャッチアップミーティングの予定を積極的に入れるのも良いでしょう(ただし、まだ予定がなければ、の話ですが)。定期的に近況を伝えておけば、次回の勤務評価に向けた準備もスムーズに進みます。繁忙期に達成したことは、特に忘れずに覚えておきましょう。

 

5. 社内のインフルエンサーとの繋がりを強化しておきましょう。

過去にあなたのキャリアアップを助けてくれた人たちや、今後力になってくれそうな人たちを思い浮かべてみましょう。こうした人たちがはっきりしたら、彼らにあなたのメンターになってくれるように頼んでみたり、会社の将来についての考えを聞いてみても良いでしょう。変化についていくための対応策を相談するのもお勧めです。その代わりに、彼らが助けを必要としているときは出来る限り手厚くサポートし、自分が助けてもらったときは感謝の気持ちを確りと伝えましょう。また、社内では積極的にネットワーク作りに務めましょう。テレワーク中であっても、新しく入社した社員には自分から自己紹介し、入社当初からその社員の力になってあげるように心がけて下さい。そうすれば、あなたの印象は、ずっとその社員の中に残ります。

 

6. 新しい時代に自分の仕事がどのように評価されるのかを理解しましょう。

新型コロナウィルスの発生で、就業場所や働き方を見直す企業が増えており、従来のパフォーマンス評価の手法や目標設定は見直しが進むでしょう。早い段階でこのことを察知し、必要があれば特定分野を強化するなど、新しく設定される評価基準や目標に向けて努力することが肝要です。将来の評価基準を理解していれば、自分は適切に仕事しているのか、また、自分にその能力があるのか、改善すべきなのはどの分野かを判断することが出来ます。新型コロナウィルス危機前の評価プロセスが、今後も継続して実施されるのか否か確認しておくことをお勧めします。

 

7. 個人プレーに走らないよう気をつけましょう。

「ハイブリッドオフィス」とは、一部のメンバーが出社し、残りのメンバーがテレワークしている勤務形態をいいます。ハイブリッドな勤務体系や完全なテレワーク体制で働いていても、チームの一員として仕事をしていることを忘れないで下さい。チームは、共通の目的達成のために働いており、あなたはその重要な一部を担っているのです。常にチーム全体の最終目的を頭に置いて、仕事をすることが大切です。チームの成功は、一人の社員だけの貢献に支えられているのではありません。つまり、チームを「私」ではなく、「私たち」を中心に考える集合体に変えていくことが大切なのです。そのためには、同じ目的を共有し、その目的に向かってモチベーションを持ち行動することが求められます。こうした視野に立てば、「個人プレイヤー」を目指すよりも、チームと共に歩む方があなた個人のキャリアアップに貢献するものとなるでしょう。

 

8. 必要な時は「ノー」と言いましょう。

提案されるプロジェクト全てにゴーサインを出したとしても、現在の仕事であなたの価値が発揮されるわけではありません。キャリアのステージが上がり、注目を浴びるようになれば、新しいプロジェクトが舞い込むのは当然のことです。しかし、あなた一人で全ての仕事を抱え込むことは出来ませんし、全ての人の希望を叶えることも出来ません。自分のキャリアを戦略的にマネジメントし、これまでの成功を今後も続けていくためには、それではいけないのです。自分に求められている仕事を一つ一つ検討し、断るべき要求に対して適切な方法で「ノー」と言えば、職場で尊敬を集めるとともに、あなた自身の価値を向上させることにもつながります。つまるところ、手に余るほど多くのプロジェクトを進めすぎると、仕事量に押し潰されてフラストレーションが溜まり、最終的に成功の可能性が低くなる可能性も考えられます。「ノー」を言うときは、タイミングと言い方が大切です。英国投資庁のCOO、スージー・ティムリン氏のブログ、「Do you know when and how to say no?を参考に、必要な時は「ノー」と言えるようになりましょう。

 

9. あまり深刻になりすぎないよう、ポジティブに。

今は非常に困難な時期です。しかし、このような時期を乗り越えるためには、前向きで楽観的な姿勢も必要です。あなたのポジティブな姿勢は、最終的にチームや会社に影響し、組織の成功に繋がっていきます。ですから、あなたが使う言葉が周囲にどのような影響を与えているか(ポジティブな影響かネガティブな影響か)については、常に注意を払いましょう。また、同僚の成功を一緒に喜んだり、彼らの成功をサポートするなどして、思いやりの心をもって周囲と接するようにして下さい。笑顔を常に心がけ、仲間の噂話は控えましょう。あなたの会社の企業目標や存在意義を、時折思い出すのも良いでしょう。こうすることで、あなたの仕事の価値や意義が明確になりポジティブに考えることが出来るようになります。また、その日に達成すべき目標を決めてから仕事をするのも効果的です。こうすれば、仕事を完了したときの達成感を感じることも出来ますし、自分へのご褒美を楽しみながら仕事をすることも出来ます。

 

10. 会社の「アンバサダー」になりましょう。

社員が皆同じオフィスで一緒に働いているとき、企業の文化や個性を育てることは、さほど難しいことではありませんでした。しかし、皆が異なる場所で働くことになればどうでしょうか?現在、多くの企業が、ハイブリッドな勤務体系を恒久的に定着させる取り組みを進めていますが、こうした勤務体系が普及すれば、同じ屋根の下で培われてきた「仲間意識」のような文化を維持することは難しくなります。この課題を解決するために、あなたはどんな役割を果たすことが出来るのでしょうか?まず、会社の中でも外でも、会社の価値観を実践することに力を入れてみましょう。また、チームの中で、お互いを助け合う文化を築き上げましょう。会社のソーシャルメディアを活用して、あなた自身がポジティブに実行した活動を共有し、あなたのブランドメッセージを積極的に発信するようにしてみましょう。

 

11. 心身の健康に気をつけて、バランスの取れた生活をおくりましょう。

働きすぎで心身の健康を大切に出来なくなれば、会社であなたの価値を十分に、かつ効果的に発揮することは出来なくなります。疲労が長く続けば、最高のパフォーマンスを維持し続けることは困難です。健康に配慮し、バランスの取れた生活を心がけて下さい。これが出来れば、上記の1から10までで伝えてきたことが、容易に出来るようになるでしょう。

work smart, not hard(一生懸命働くよりも、賢く働こう)」という言葉をご存知でしょうか?ご存知の方はお気づきでしょうが、企業にとって自分の価値を上手く伝えている人たちは、ストレスやバーンアウトを上手く回避することが出来る人たちです。つまり、この二つには強い相関性があるのです。

 

1から11までのアドバイスを守れば、今回のパンデミックによる危機の後も、あなたは、自分の専門分野において、自分だけが持つ自分の価値を上手く発揮することが出来るようになるでしょう。