人材不足を示す「人材ミスマッチ」、日本は世界33カ国中ワースト2位

外資系人材紹介会社ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:港区、マネージング・ディレクター: マーク・ブラジ、以下ヘイズ)は、この度、世界33カ国の労働市場おける人材の需給効率を評価・分析した調査研究「グローバル・スキル・インデックス」を実施しました。これは、ヘイズが英国の調査会社オックスフォード・エコノミクスと共同で2012年から毎年行っている調査で、今年で6年目となります。

主な調査結果

  • 人材確保が容易かどうかの指標、「人材ミスマッチ」のスコアは10ポイント中9.9。世界33カ国中ワースト2位で、昨年の9.8から深刻度を増す結果に。
  • 「専門性の高い業界における賃金圧力」は0.1と低い数値を記録。これは、専門性の高い業界の賃金上昇が、そうでない業界の賃金上昇より遅い事を意味するもので、背景には深刻な人材不足により見直しが進められたサービス産業や福祉業界の賃金引上げペースが専門性の高い業界より早かった為と見られる。

2017年の結果によると、日本では、企業が求めているスキルと、実際に求職者が持っているスキルが大きくかい離している事が改めて浮き彫りになりました。急速な技術の進化や、グローバル化に、日本の人材が持つスキルが追い付いていない状況で、最も人材不足が深刻なIT業界や自動車では、AI技術者やデータサイエンティスト、IoT技術者などは需要が高い一方で、スキルを満たした人材が不足した状況が続いています。IT業界以外でも様々な業界で、必要なスキルを持つ人材の確保が難しい状況が続いています。 

詳しい調査の結果はこちらからご覧ください。
www.hays-index.com

20171027 PR image 3

日本とアジア・太平洋地域各国の「人材ミスマッチ」数値比較

20171027 PR image 4

グローバル・スキル・インデックスについて

英ヘイズが英オックスフォード・エコノミクスと共同で2012年から継続的に行っている調査研究。労働市場に関する、7つの項目「教育の柔軟性」「労働市場への参加」「労働市場の柔軟性」「人材のミスマッチ」「全体的な賃金圧力」「専門性の高い業界における賃金圧力」「専門性の高い職業における賃金圧力」について0から10までの数値で指標化し、人材の需要と供給の状況を評価・分析したもの。労働市場の均衡が最適な状態を5.0とし、0に近づくほど人材の確保が容易、10に近づくほど人材の確保が困難である事を示す。

ヘイズは、専門性の高いプロフェッショナルを対象に人材紹介サービスを提供しているリクルートメントのグローバル・エキスパートです。

|

新着求人

すべて表示