パンくずリスト

他の会社の求職活動も進行中・・・面接でこれを聞かれたら?

他の会社の求職活動も進行中・・・面接でこれを聞かれたら?

 

皆さんは現在、積極的に転職活動をなさっていますか?「イエス」ならば、きっと応募なさっている企業は1社ではないのでしょう。今面接中の会社の他にもこれから面接する企業がおありなのかもしれません。

このようなとき、他社との面接が進んでいるかどうか面接官から質問されることもあるでしょう。決して難しい質問ではありませんが、こうした質問を負担に感じ、詮索されているように感じることもあるかもしれません。

どんなに準備を重ねていても、突然このような質問をされると、虚を突かれたように思うこともあります。しかし、正しい「戦略」を知っておけば、より簡単に、機転よく、かつ誠実に回答することが出来るようになります。

このコラムでは、面接官に好印象を与えながら面接中の他社に関する質問に回答するコツをご紹介します。

なぜ面接官は他社との面接状況を質問するのでしょうか

その前に、なぜ面接官は他社との面接状況を知りたがるのでしょうか。次の理由が考えられます。

  • あなたが本気で自分の会社に就職する意志があるのかを確認するため
  • あなたが手当たり次第に求職しているのではなく、転職活動に真剣に取り組み、集中的に転職活動をしていることを見極めるため
  • 競合他社と面接中かどうかを確認するため
  • あなたの採用に前向きであり、早めにオファーを出すべきか否かを検討するため

つまり、面接官は採用活動を戦略的に進めることを考えているのです。決して「変化球」であなたを試そうとしているわけではありません。では、この質問に対して怯まずに、なおかつ戦略的に答えるためにはどのようにすればよいのでしょうか。以下にそのポイントをまとめてみました。

 

「他社との面接も進んでいるのですか」と聞かれたら…

このような質問に対しては、まず自分自身が「需要のある」人材であることをアピールしましょう。ただし、多くの企業と面接中であることを軽率に伝えてしまうと、まるで手当たり次第に求職活動を行っているような印象を与えてしまいます。あなたは、自分自身が慎重に応募先企業を選び、戦略的に転職活動を行っていることを理解してもらわなければなりません。

以下の例を参考に、「答えてもよいこと」と「答えてはいけないこと」を確認してみましょう。面接官にさらに「突っ込んだ」質問をされた場合や、他に面接している企業がない場合の対応については、後ほど詳しく説明します。

次のことを伝えましょう

  • 今面接を受けている会社が、第一志望であると伝えましょう。
  • 他社の話題ではなく、今応募している仕事で実現したいことを重点的に話しましょう。そうすれば他社の話題を避けて、あなたの将来について集中的に話すことが出来ます。
  • 複数社の面接を控えている場合は、これを伝えても構いません。この場合は、自分自身がさまざまな選択肢からキャリアを模索していることを説明しましょう。また、他社との面接には参加するものの、最も関心を持っているのは、今面接している企業の仕事であることを伝えましょう。
  • すでに内定を受けている場合は、隠さずに伝えて下さい。はじめにお伝えした通り、あなたが「需要のある」人材であることを示すとともに、今応募しているこの仕事が第一志望であることを強くアピールしましょう。

 

次のことは控えましょう

  • これから面接する企業の情報を詳しく伝える必要はありません。リズ・リヤン氏がフォーブス誌に寄稿しているように、「you don’t have to name names(あれこれと細々に説明しなくても良いのです)」。面接先の企業名や、これらの企業が面接中の企業の競合先か否か、これまでに応募した役職や応募先の数、面接の予定日などは敢えて伝える必要もないでしょう。
  • しかし現在の状況を誇張して話すこともしてはいけません。企業は、あなたが伝えた情報を確認することが出来ますし、スキルや能力と同様、偽って報告した場合には、あなた自身が不安にさいなまれることになります。

 

例:

「この後もX市内で数社の面接を受ける予定です。これらの企業はXXのスキルを特に重視しており、これらの企業で働くことが自分自身のキャリアアップに繋がると思い応募しました。しかし、今回御社で募集されていたこの仕事は、私が希望する内容に最も合致するものです。」

 

「面接している企業を教えて下さい」と聞かれたら…

他社の面接が控えていると打ち明けても、一般的に面接官はそれ以上の追及はしたりしません。それでも中には、より「突っ込んだ」質問をしてくる担当者もいます。こうした質問を受けた場合、隠しておきたい情報があれば機転の利いた対応で上手に交わせるようにしておきましょう。

「現在面接中の企業は、御社同様にこの業界のリーディングカンパニーです。この企業でも(御社と同じように)Yという職種を募集していたため、応募いたしました。今回の面接でお話しした通り、私は将来Zを達成するという目標を持っています。このため、この業界でこの目標に近づくため、最も魅力的な職種に応募することを決めたのです。」

 

他に面接をしている企業がない場合

沢山の企業に応募しても、なかなか面接に進むことが出来ない場合もあるでしょう。今面接を受けている会社以外に面接に進んだ企業がなかったとしても、そのまま打ち明ける必要はありません。その代わり、

  • あなたが慎重に勤務先を選択していること。このため、今面接中の企業の他には、本当に関心を持てる企業が見つかっていないこと。また、今回応募した職務が自分のスキルや経験、ポテンシャルにマッチしていることを伝えましょう。
  • 他に面接を受けている企業がないことを伝えたくないのであれば、転職活動を始めたばかりであると説明しても良いでしょう。

私は、自分が本当に関心を持てる職種に絞って採用活動をしていますので、今のところ御社の他に応募した企業はありません。他の職種についても検討はしていますが、X分野でスキルを活かすことが出来、なおかつY分野での経験を広げ、Z分野でのポテンシャルを高めることが出来る仕事を提示しているのは、今のところ御社だけです。引き続き他社の募集案件も検討することになると思いますが、今までに私が関心を持ったのは御社だけです。」

 

さて、なぜ面接官が繰り返し他の面接のことを質問するのか、また、どんな対策をするべきなのか、お分かりいただけましたでしょうか。他社の求職活動について、詳しく伝える必要はありません。しかし、面接官の質問を真っ向から回避して、面接中の企業に本当に転職する気持ちがあるのかどうか疑われてしまうのも考え物です。

応募先の他社について聞かれたら、自分は他社が今すぐにでも採用したいと考えているような人材であり、今面接をしている企業にとっても理想的な候補者である、と感じてもらえるような回答をしましょう。この回答は、正に面接官が求めているものでもあります。考え方を変えれば、あなたがそうした人材であること証明するために、面接官はあらゆる方面から質問(「ひっかけ」に近いものもありますが)を投げかけているということにもなるでしょう。

 

 

 

ヘイズ・ロシア マネージング・ディレクター

アレックス・シュテインガルド

 

アレックスは、2008年にヘイズ・ピーエルシーに入社。世界的大手であるヘイズロシア進出するにあたり、橋頭堡を築くことが目的でした。アレックスは、同国リクルートメント産業でも屈指の人材を惹き付けることで、ヘイズの事業を短期間で急拡大することに成功。現在ヘイズ・ロシアでは、会計や金融、ITなどの専門分野や石油・ガス、資源、鉱山など工業分野の部門強化を進めています。

アレックスは、Russian State Academy of National Economyで経済学を専攻。その後199年に、国際的なエンジニアリング企業でプロジェクト・エグゼクティブに就任しました。同社で8以上のキャリアを積んだ後、ロシア支社のマネージング・ディレクターに任命されています2003年には、著名な欧州小売企業のロシア進出に伴い同社に入社。その後、ヨーロッパ全土に拠点を置くエグゼクティブ専門のリクルートメント企業に転職し、エグゼクティブ専門のリクルート活動を開始しました。

ヘイズでは9年のキャリアを有し、現在は北部・中部・東部ヨーロッパを統括するマネージング・ディレクターの直下で活躍しています。