パンくずリスト

キャリアアドバイス

パーソナルブランドとオンラインプロフィールを効果的に使用する

入社を希望する企業に好印象を与えるためには、何が必要なのでしょうか。最近では履歴書の内容以外にも、沢山のことを工夫する必要がありそうです。ソーシャルメディアに掲載するプロフィール、つまりオンラインを通じて伝えるあなたのパーソナルブランドもその一つです。

パーソナルブランドを積極的に展開するのも良いでしょう。しかし、あなたのプロフィールは、多くのチャンネルで閲覧されることになります。キャリアについて真剣に考えているならば、プロフィールなどに一貫性を持たせることが非常に重要です。

パーソナルブランドは、ソーシャルメディア上でのプレゼンス、以前の勤務先との関係、仕事上のネットワーク、個人的なネットワークなどに広く影響を及ぼします。リクルーターとの協力関係も例外ではありません。

パーソナルブランドとは、あなたのレピュテーション、つまりあなたが何によって周囲から評価されているかを表すものです。効果的に活用すれば、人材コンサルタントや将来の上司に直接面会する前に、入社を希望する企業に対しあなたがどんな貢献ができるかをアピールすることが可能になります。

企業が関心を持っているのは、将来社員として採用する人材が自社の求める能力を有しているかどうかだけではありません。その人材が自社の文化にマッチしているか否かについても知りたがっています。ソーシャルメディアの発達により、企業や将来の上司となる人々は、オンラインで社員候補となる人材の情報も簡単にチェックすることができるようになりました。このため、オンラインでも、オンライン以外でも積極的にパーソナルブランディングを展開し、これを管理することが欠かせなくなってくるのです。

今後数年間で、企業の「目利き力」はさらに向上すると思われます。これからはパーソナルブランドを明確に打ち出し、あなたが採用された後、その企業にどのような価値を提供できるのかを効果的にアピールすることが求められるようになるでしょう。

次の5つのポイントを参考に、あなたを成功に導くパーソナルブランディングを始めてみましょう。

1. 「ブランドレビュー」をしてみましょう
周囲の人はあなたを評価するときに、どのような言葉を使いますか?「信頼できる」、「積極的」、「集中力がある」などですか?それとも、「遅刻しがち」、「言い訳が多い」、「会話中も携帯電話やiPadを見ている」と言われそうですか?自分の長所や短所を考えながら、こうした言葉をリストアップしてみましょう。リストを作成したら、マネージャーやメンターの意見を聞いてみてください。ただし、彼らの本音を聞く覚悟が必要です。真実を知る覚悟がなければ、習慣や行動を変えることはできないからです。

パーソナルブランディングを成功させる第一歩は、自分のパーソナルブランドを素直に見直すことです。改善したい習慣や身につけたいスキルはありませんか。例えば、短期講習などで学ぶタイムマネジメントスキルでも良いでしょう。こうしたものをピックアップしてみてください。

 

2. ソーシャルメディアを活用しましょう
あなたのパーソナルブランドは、ワンクリックするだけでリクルーターや企業、将来の上司に届きます。パーソナルブランドを素早く簡単に確立し管理することができるのは、ソーシャルメディアの長所と言えるでしょう。

ただし、パーソナルブランドは、オンラインプロフィールやアクティビティと矛盾があってはいけません。例えば、リーダーシップやクリエイティブな問題解決能力を示すパーソナルブランドを確立したいのであれば、オンライン上の活動が消極的であったり、ワンパターンになることは避けたいものです。

ヘイズがお勧めしているのは、LinkedInのプロフィールを作成・管理し、あなたのスキルを積極的にアピールし、周囲の人たちにあなたのスキルを支持してもらったり、推薦状を寄せてもらうように依頼することです。また、自分が所属する業界のオンライングループに参加したり、業界のリーダーが発信するTwitterをフォローしても良いでしょう。さらに効果的なのは、業界に関連するTwitterやブログを立ち上げて、仕事に役立つ情報やリンクをシェアすることです。

 

3. 過去の勤務先の上司と連絡を取り合いましょう
以前勤めていた会社の上司や自分を推薦してくれる人たちと連絡を取り合いましょう。新たに転職活動をするときは、これを知らせるとともに、あなた自身のブランド価値もアピールしましょう。上司や推薦者の時間を大切にすることを忘れずに、あなたのスキルや担当職務についての近況を知らせ、あなた以外の人がキャリアで成功したらこれを祝福してください。あなたがこうして連絡を取り合った人たちが、将来あなたを採用し、推薦してくれる可能性もあるのです。

 

4. 採用コンサルタントを活用しましょう
希望する企業にあなたのパーソナルブランドを伝えるためには、リクルーターとの関係を作ることも重要です。リクルーターは企業や給与の最新動向について豊富な情報を持っています。その中には、現在募集されている仕事の詳細な情報も含まれます。

コンサルタントに良い印象を持ってもらえれば、彼らはクライアント企業に対しあなたを積極的に薦めてくれるでしょう。また、最初の仕事が自分にとって適職でなかったとしても、あなたのブランド価値を理解していれば、次の転職チャンスが巡ってきたときにあなたのことを思い出してくれるでしょう。ですから、コンサルタントとは良好なコミュニケーションを保つよう、できる限りの努力をしてください。

採用コンサルタントの仕事は、クライアント企業のために適切な人材を見つけ出すことです。このため、コンサルタントと企業に伝える内容に矛盾があってはいけません。例えば、希望の給与額についてコンサルタントに伝えた金額と企業に提示した額が異なっていた場合、あなたのパーソナルブランドは、コンサルタントからも企業からも信頼されなくなる恐れがあります。

 

5. ネットワーク作りのための時間を持ちましょう
時間と手間をかけてパーソナルブランドを育てても、実際に活用しなければ意味がありません。LinkedInのプロフィールや、Twitter、業界向けブログなどのソーシャルメディアの掲載内容は、常に最新の情報が掲載されるよう更新を続けてください。

求人や給与に関する最新情報は、常にフォローしておきましょう。また、業界の団体やプロフェッショナルのためのグループに参加したり、できる限りセミナーや講習に参加することも検討してください。

月に一度以上は、あなたのキャリアを支援してくれる人と気軽に話す時間を作ることもお勧めします。過去に力になってくれた採用コンサルタントと、連絡を取り続けることも大切です。すぐに転職の予定がない場合でも、貴重な人脈を大切にし近況を報告しあうことは、今後のキャリアにとって非常に重要です。